健全な肉体と精神と美容との関係の重要性

以前スポーツの世界で健全な精神は健全な肉体に宿るという名言がありましたが、実際は健全な精神が健全な肉体に宿れば良いのだがという誤訳だったということで話題になったことがあります。
美容ということでは、美しくなるということが目的ですが、その場合外面だけを美しくしても、内面が醜い状態だと、それが時に表面に出てしまい、せっかく外面を美しく装っても、残念な状態になってしまう場合もあります。
技術的に自分を美しくする技術は、今ではインターネットの動画やノウハウなどで、誰でも手に入れることができるようになりました。
しかし、内面がそれらの美容の技術に見あっていないと、その都度アンバランスな心と体の状態になり、せっかくの美しさが相殺されてしまったりします。
体や心の健康ということも含めて、体と心、内面と外面はクルマの両輪のような存在なので、お互いにバランスがとれていることが重要です。
ちぐはぐにならないように美しくなることが重要です。